このページでは、授乳中でも飲めるDHAサプリについて、ランキング形式で詳しく紹介しています。

  • 「赤ちゃんの知育に良いものを探している」
  • 「DHAの働きについて知りたい」

といった方の参考になれば幸いです。

母乳とDHAについて

DHA・EPAの働きについて

かつお、あじ、さばなどの青魚を食べると頭が良くなるという話が、よく耳にしますがその理由をご存知ですか?

これは青魚に含まれるDHAを摂取することで、脳の働きが活発になると言われているからです。

青魚に多く含まれるDHAやEPAはαリノレン酸と共に「オメガ3脂肪酸」という脂質で、神経組織や網膜の重要な構成脂質です。

オメガ3脂肪酸は妊婦さんや産後の授乳中のママではなくても、全世代の方に積極的に摂取しておいた方がよいとされる栄養素とされています。

特に妊娠中の方や産後の授乳中の方はママを通して、赤ちゃんにも栄養素が届くために摂取しなければいけない栄養素と言えるでしょう。

ては、オメガ3脂肪酸には、どのような働きがあるのでしょうか。

オメガ3脂肪酸に属するDHAが神経細胞の膜にたくさんあると、神経細胞がしなやかになり、脳内の情報伝達が活性化されます。

また、赤血球などの血液中の成分に取り込まれることで、血液中の成分を軟らかくし、流れやすくしてくれます。

更にDHAは肝臓から中性脂肪を血液中に分泌するのを抑える働きもあります。

またDHAは精液や脳、網膜のリン脂質の成分でもあります。

DHAにはアレルギーを促進する物質を阻害する働きがあることや精神を安定させる効果があるということもわかってきています。

同じく、オメガ3脂肪酸に属するEPAもDHAと同じように血流を良くしてくれる働きと、アレルギーを緩和する働きもあります。特に、血液をサラサラにして血栓を出来にくくする血小板凝集抑制効果がDHAより優れています。

このようにオメガ3脂肪酸には、脳と体の健康に様々な恩恵をもたらしてくれます。

DHA・EPAが赤ちゃんに与える効果とは?

妊娠中、授乳中にできるだけ摂取しておきたい栄養分はたくさんあります。

葉酸やビタミン類、鉄分が妊婦さん、産後のママにに大切、というのは比較的よく知られていますが、まだマイナーな栄養としてオメガ3脂肪酸があります。

DHAやEPAというと聞いたことがある人も多いと思いますが、それらがオメガ3脂肪酸です。

2002年にBMJ(イギリス医師会雑誌)で発の研究によると、魚介類由来のオメガ3脂肪酸の摂取量が0.146g/日以下の妊婦は、早産あるいは低出生体重児を出産するリスクが高いと発表しました。

これは、オメガ3脂肪酸の一つDHAに子宮を収縮させるプロスタランジンのバランスを整える働きがあることが関係しているといわれています。

またDHAは胎盤や母乳を介して、お腹の胎児や赤ちゃんに移行し、脳や網膜の神経細胞の材料となります。

そのため、妊娠後期や授乳中にママがオメガ3脂肪酸をどれだけ摂取するかが、赤ちゃんの脳や視神経の発達に影響するともいわれています。

最近では、オメガ3脂肪酸の摂取は赤ちゃんのアレルギーの低減にも影響しているのではないかと言われています。

このように、オメガ3脂肪酸、胎児や赤ちゃんの脳の発達や成長に非常に重要でかつ欠かせない栄養素なのです。

また、オメガ3脂肪酸は体の中で作ることができない必須脂肪酸なので、妊娠中や授乳中のママが積極的に摂取をして胎盤と母乳を介して赤ちゃんに与えましょう。

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物は?

赤ちゃんからお年寄り、更にはお腹の中にいる赤ちゃんにまで全ての年代の人の体と脳の成長に良い栄養素として、今注目のオメガ3脂肪酸。

妊娠中や産後の授乳中にも、赤ちゃんのために積極的に摂取したい栄養素ですね。

では、オメガ3脂肪酸を多く含んでいる食品は何があるでしょうか。それは、α-リノレン酸、EPA、DHAを多く含んだものになります。

α-リノレン酸が含まれている食品

  • しそ油=えごま油

しそ科の植物、えごまの種子から抽出したオイです。

すっきりとしたミントに似た青みのある味わいで、オススメの組み合わせ食材は、根菜、葉菜などです。

亜麻仁油=フラックス油


亜麻という植物の種子、亜麻仁から抽出したオイルです。

肝油に似たコクのある味わいで、オススメ組み合わせ食材は、アボガド、納豆、海草、卵などです。

これらの油は、どちらも酸化しやすいので、加熱調理は避けたほうがいいでしよう。

ドレッシング、スープ、和え物など、基本は生で摂取する方が摂取量が多くなります。

EPA、DHAが豊富が含まれている食品


イワシ、サンマ、サバ、アジ、ブリ、カマス、ニシン、イクラ、スジ、サケ、マグロ

EPA、DHAは魚油に多く含まれていますが、魚油の中でも、特に血液をサラサラにする効果が高いといわれる上記の青魚に豊富に含まれています。

しかし、青魚に含まれる水銀が心配になると思います。妊娠中なら、特に心配ですし、水銀の過剰摂取は赤ちゃんに影響があるので気をつけましょう。

上記の中で水銀含有量が多いマグロは食べ過ぎに注意しましょう。

イワシ、サバ、アジ、カマス等は、水銀含有量が、少ないので妊婦さんには特にオススメの魚ですが、こちらも過剰摂取は禁物です。

DHAサプリでフォローするという方法も

妊娠中や産後の授乳中にDHA、EPAを摂取する事で赤ちゃんの脳の発達や体の機能に多くの嬉しい効果をもたらしてくれます。

しかし、妊娠中は悪阻等がおこると思ったように食べ物を食べられない事もあるでしょう。

産後は赤ちゃんのお世話に追われて自分の食事は後回しになってしまう事も多いと思います。

赤ちゃんには、いい栄養素を摂って欲しいけど、中々ママが栄養を摂ることが難しい時には、DHA、EPAのサプリメントがおすすめです。

毎日の食事にプラスしてサプリメントで補ってあげる事で効果的に摂取出来ます。

また、DHAサプリメントの服用を考えた時に気になるのが水銀の問題があると思います。

しかし、日本で市販されているDHAサプリは厳しい品質検査や高度な精製技術を経た上で水銀等の有害な物質は除去したうえで販売されているので安心してご利用頂けます。

ただし、アレルギーを持ってる方や他の薬を服用されてる方はお医者さんと相談のうえご使用された方がより安全にご利用出来ます。

母乳に良いDHAサプリランキング

母乳に良いDHAサプリ第1位 さくらの森【きなり】

母乳に良いDHAサプリ第1位 きなりの特徴

きなりの特徴は

  • 1日あたりのDHA・EPA・DPA摂取量510㎎
  • 3年連続モンドセレクション最高金賞受賞
  • 「アスタキサンチン」と「ナットウキナーゼ」配合
  • GMP取得工場で製造管理
  • 15日間返金保証あり

といった感じです。

価格 通常5695円初回特価1980円(税込)送料無料
評価
容量 1袋120粒(約30日分)

きなりの総評

きなりには、血液サラサラ成分であるDHA・EPAに加えて希少なオメガ3脂肪酸「DPA(ドコサペンタエン酸)」も配合してあって、一日あたり510㎎の含有量を誇るサプリメントです。

魚のサラサラ成分「DHA・EPA」に加えて、「アスタキサンチン」「ナットウキナーゼ」も高濃度配合することで、質の高いDHA・EPAサプリに仕上がっています。

もしも合わない場合でも、15日以内であれば商品代金が返ってくる返金保証がありますので、お試し感覚で始められますね。


母乳に良いDHAサプリ第2位 佐藤製薬【美健知箋(ビケンチセン)EPA&DHA】

母乳に良いDHAサプリ第2位 美健知箋EPA&DHAの特徴

美健知箋EPA&DHAの特徴は

  • 1日あたりEPA200㎎・DHA550㎎摂れる
  • 小粒で飲みやすいシームレスカプセル
  • 携帯に便利なアルミの個別包装
  • 製薬会社による徹底した品質管理

といった感じです。

価格 通常6480円⇒初月限定1000円(税込)送料無料
評価
容量 1箱30包(30日分)

美健知箋EPA&DHAの総評

美健知箋EPA&DHAは、一日あたりDHA・EPAが合わせて750㎎も摂取出来るDHA・EPAサプリです。

ユンケルで有名な佐藤製薬が、医薬品レベルの徹底した品質管理のもと販売されているという点で安心して飲めるサプリと言えますね

酸化を防ぐためにビタミンEを配合したり、アルミパックの個包装にしたりと、品質を落とさないように工夫してあるところが安心できます。


母乳に良いDHAサプリ第3位 日清食品【DHA&EPA+ケルセチン】

母乳に良いDHAサプリ第3位 DHA EPA+ケルセチンの特徴

DHA EPA+ケルセチンの特徴は

  • 1日あたりのDHA・EPA含有量500㎎
  • 1日あたりケルセチン含有量100㎎
  • 独自処方で魚油のにおいナシ
  • 配送日の変更・休止OK

といった感じです。

価格 通常5500円⇒初回限定1980円(税抜)送料無料
評価
容量 1瓶120粒入(約30日分)

DHA EPA+ケルセチンの総評

DHA&EPA+ケルセチンには、1日あたりDHA・EPAが青魚約3匹に相当する500㎎、ケルセチンがタマネギ約2個に相当する100㎎も配合されているDHAサプリです。

大手食品会社「日清食品」が、独自の技術で作り上げたサプリで、あの魚油特有のにおいも気にならないように仕上がっているところが嬉しいですね。

商品配送の日程変更や配送の休止などにも対応してくれますので、手軽に始められるサプリではないでしょうか。

母乳に良いDHAサプリ 私のイチオシは【きなり】

ここまで、母乳に良いDHAサプリについていろいろ紹介してきましたが、私のおススメはやっぱり「きなり」です。

赤ちゃんに質の良いおっぱいをあげるためには、やはりDHA・EPAは欠かせませんよね。

きなりは、健康食品でおなじみの「さくらの森」が、人の役に立つ本物のDHAサプリを作りたいという思いで作り上げたサプリメントです。

日本トップクラスのシェアを誇る「マルハニチロ」と共同開発した結果、高濃度で新鮮なDHAサプリが誕生したのです。

開発にあたって、DHAそのものの量の多さや品質の維持、飲みやすさや体への摂り入れやすさなどを考えた末に行きついたのが「日本食」でした。

きなりは、日本食をテーマに、DHA・EPAに加えてナットウキナーゼやクリルオイルがバランスよく配合してあります。

また、魚臭さを気にせず飲みやすいように仕上がっていますので、DHAサプリのにおいが気になる人でも安心して飲むことが出来ます。

きなりは、鹿児島の山川港で水揚げされた純国産の原料のみを使用しています。

魚油からDHAへと精製する過程では、薬品を使用せず徹底的に不純物を取り除き出来上がった高濃度のサプリです。

もしもの場合でも、15日間の返金保証がありますので気軽にお試し出来るサプリと言えるでしょう。

品質、成分の含有量、飲みやすさ、続けやすさなどなど、総合的に判断して、私のイチオシはきなりです。

更新日:

Copyright© 母乳にdhaサプリはどんな効果が?【赤ちゃんに良いおっぱいを与えたい】 , 2017 All Rights Reserved.